Kali Linux をインストールするさまざまな方法は何ですか?

Kali Linux をインストールするには、既製のイメージをダウンロードする、ソース コードからコンパイルする、ライブ CD/DVD を使用するなど、いくつかの方法があります。

Kali をインストールする 1 つの方法は、Kali Linux Web サイトから既製のイメージをダウンロードすることです。このイメージをディスクに書き込んで、インストール メディアとして使用できます。別のオプションは、ソース コードから Kali をコンパイルすることです。これには、適切なソフトウェアをダウンロードし、必要な依存関係をインストールする必要があります。最後に、ライブ CD/DVD を使用してコンピューターに Kali をインストールできます。このオプションは、さまざまな機能をシステムに永続的にインストールする前に試すことができるので便利です。

初心者に最適なインストール オプションはどれですか?

Kali Linux にはいくつかの異なるインストール オプションがあり、さまざまなタイプのユーザーに役立ちます。

Linux を初めて使用する場合は、「新しいユーザー」オプションをお勧めします。このオプションでは、コンピューターをセットアップして、Kali をスムーズに実行できるようにします。

Linux の経験があり、インストールをカスタマイズしたい場合は、「エキスパート ユーザー」または「カスタマイズされたユーザー」オプションを利用できます。これらのオプションを使用すると、システムにインストールする機能とアプリケーションをより詳細に制御できます。

最後に、すぐに使用できる構成済みのシステムを探している場合は、「Live System」オプションが最適です。このオプションでは、すべての最新の更新プログラムとパッケージがコンピューターに直接ダウンロードされるため、常に最新の状態になります。

各インストール方法の長所と短所は何ですか?

Kali Linux にはいくつかの異なるインストール方法があります。Kali をインストールする最も一般的な方法は、公式の ISO イメージまたは USB ドライブを使用することです。もう 1 つのオプションは、Kali の最新バージョンがインストールされているディスクであるライブ ディスクを使用することです。

各インストール方法の長所と短所を次に示します。

ISO イメージ:

ISO イメージを使用して Kali をインストールする最大の利点は、簡単にダウンロードして CD または DVD に書き込むことができることです。これは、インターネット接続にアクセスできない人や、インストールを安全に保ちたい人にとって便利です。

この方法で Kali をインストールするもう 1 つの利点は、既存のコンピューター ハードウェアとソフトウェアを使用できることです。必要なのは、光学ドライブと十分なメモリ (少なくとも 4 GB) を備えたコンピューターだけです。

Kaliには必要なドライバーもすべて含まれているため、インストール中にコンピューターを通常どおり使用できます。

ただし、この方法で Kali をインストールすることの 1 つの欠点は、カスタマイズ オプションが限られていることです。キーボード レイアウトやウィンドウ システムの設定など、インストーラーの多くの設定を変更することはできません。さらに、後で Kali を再インストールする必要がある場合は、以前のインストールから構成ファイルを引き継ぐオプションがないため、最初からやり直す必要があります。

ライブ ディスク:

ライブ ディスクを使用すると、コンピューターに恒久的にインストールすることなく、さまざまなバージョンの Kali を試すことができます。これは、コンピューターの損傷やデータの損失を心配することなく、さまざまな機能や構成を試すことができることを意味します。ライブ ディスクでは、ユーザーがライブ ディスクにプリインストールするアプリケーションを選択したり、キーボード レイアウトやウィンドウ システムの設定などのさまざまな設定を自分で構成したりできるため、ISO イメージや従来のインストールよりも多くのカスタマイズが可能です。ライブ ディスクを使用することの欠点は、Kali の新しいバージョンで常に更新されるため、通常のインストールほど安定しない傾向があることです。さらに、インストール プロセス中に問題が発生した場合 (たとえば、インターネット接続が失敗した場合) )、ライブ ディスクを再インストールするだけでは問題を解決することはできません。最初からやり直す必要があります。

従来のインストール:

従来のインストールでは、事前にインストールされたドライバーやアプリケーションを含め、Kali Linux がコンピューター上で適切に動作するために必要なものがすべてインストールされます。さらに、従来のインストールでは、ユーザーが自分のマシンに事前にインストールしたいアプリケーションを選択し、キーボード レイアウトやウィンドウ設定を自分で設定する必要があるため、より多くのユーザー入力が必要です。

USB ドライブから Kali をインストールするにはどうすればよいですか?

Kali Linux をインストールするには、いくつかの方法があります。ISO イメージをダウンロードして USB ドライブに書き込むか、仮想マシンを使用できます。

仮想マシンを使用している場合は、最初にインストール ディスクを作成する必要があります。これを行うにはいくつかの方法があります。

インストール ディスクを入手したら、コンピュータに挿入し、仮想マシンを起動します。Kali Linux が正常に動作するためには、インターネットへのアクセスが必要です。仮想ネットワーク アダプターを介して直接接続するか、NAT をセットアップして、Kali がポート 80 と 443 (HTTP と HTTPS) のみを使用するようにすることができます。すべての設定が完了したら、仮想マシンのメイン ウィンドウで [次へ] をクリックし、画面の指示に従います。プロンプトが表示されたら、事前にインストールされたリポジトリで利用可能なすべてのパッケージをインストールするか、利用可能なパッケージから特定のパッケージを選択するかを選択します。パッケージまたはファイルの選択が完了したら、[インストール] をクリックします。最後に、コンピューターが再起動するまで待ってから、コマンド ライン プロンプトで kali と入力して (または [root としてログイン] をクリックして) root ユーザーとしてログインします。

  1. 仮想マシン ソフトウェアに付属の Kali Linux インストーラーを使用します。
  2. Kali Web サイトから Kali インストーラーをダウンロードし、コンピューターに保存します。
  3. VirtualBox Manager や VMWare Player などのイメージ作成ツールを使用して、Kali Linux の起動可能なディスク イメージを作成します。 (注: Windows を使用している場合は、Kali で起動可能な USB ドライブを作成する方法に関するガイドを必ず確認してください。)

同じコンピューターで Kali Linux と Windows をデュアルブートできますか?

Kali Linux は、x86 または x64 アーキテクチャを実行しているコンピューターにインストールできる Debian ベースのディストリビューションです。Kali Linux のインストール オプションには、DVD、USB ドライブ、およびローカル パーティションが含まれます。Kali Linux と Windows のデュアル ブートは可能ですが、技術的なノウハウが必要です。

Kali Linux と Windows をデュアル ブートするには:

両方のシステムが起動したら、コンピューターの起動時に GRUB2 が自動的に起動するように設定する必要があります。

  1. 起動時に適切なキー (通常は F2 または DEL) を押して、コンピューターを BIOS/UEFI 設定で起動します。ラップトップをお持ちの場合は、起動中に Fn キーを押したままにして、BIOS/UEFI モードに入ります。
  2. オプションのリストからオペレーティング システムを選択し、Enter キーを押します。
  3. メイン メニューで、[ブート オプション]、[詳細オプション] の順に選択します。
  4. [Boot Order] の下で、ドロップダウン メニューから [CD/DVD First] を選択し、Enter キーを押します。Kali Linux インストール メディアが光学ドライブに挿入されていない場合は挿入します。USB ドライブにインストールする場合は、このフィールドを空白のままにして、以下の手順 5 に進みます。
  5. Esc を押して高度な起動オプションを終了し、[起動順序] の下にオプションとして [Windows] が表示されているメイン メニューに戻ります。リストから選択して Enter キーを押すと、既定の設定 (通常は [スタート] > [すべてのプログラム] > [アクセサリ] > [システム ツール] > [スタートアップ マネージャー]) を使用して Windows が起動します。ここで、コンピューターの起動時に GRUB2 が自動的に起動するように構成する必要があります (以下を参照)。 GRUB2 を構成したら、コンピューターを再起動して、両方のオペレーティング システムが同時に読み込まれるようにします。
  6. Ctrl+Alt+T を押すか、 [スタート] -> [すべてのプログラム] -> [アクセサリ] -> [ターミナル] をクリックして、ターミナル ウィンドウを開きます。 sudo grub2-mkconfig -o /boot/grub/grubx64_efi と入力します。 GRUB 用の新しい構成ファイルを作成することを確認した後、Y キーを押して Enter キーを押します。後で update-grub と入力して、コンピューターを再起動する手順で行った変更を適用し、両方のオペレーティング システムが一度に読み込まれるようにします。

Kali Linux をインストールせずに実行するにはどうすればよいですか?

Kali Linux をインストールせずに実行するには、いくつかの方法があります。1 つの方法は、ライブ USB ドライブを使用することです。もう 1 つの方法は、インストール メディアのディスク イメージを使用することです。仮想マシンまたは物理コンピューターに Kali Linux をインストールすることもできます。最後に、ISO ファイルをダウンロードして、CD または DVD に書き込むことができます。

以下のセクションでは、これらの各インストール オプションについて詳しく説明します。

ライブ USB ドライブの使用:

Kali Linux でライブ USB ドライブを使用するには、まず、コンピューターに必要なドライバーがインストールされていることを確認してください。次に、ライブ USB ドライブをコンピュータに挿入して起動します。メイン メニュー画面に到達したら、[Install fromUSB] を選択します。これにより、インストールする Kali Linux のディストリビューションを選択できる選択画面が表示されます。「KaliLinux-2018-01-05」を選択し、[OK] をクリックしてインストール プロセスを開始します。

インストールが完了したら、BIOS または UEFI 設定でデフォルトのオペレーティング システムとして選択するか、Windows のスタートアップ メニュー オプションを使用して、ライブ USB ドライブから Kali Linux を起動できます (マイ コンピューターを右クリックし、 「プロパティ」を選択します)。

また、Kali Linux の ISO ファイルを作成し、オフラインで使用するために CD や DVD などの光学メディアに書き込むこともできます。これを行うには、最初に Kali Linux の最新の ISO イメージをローカルのハード ドライブにダウンロードして焼き付けたことを確認します (この情報は、セクションで見つけることができます)。

インストール メディア ディスク イメージの使用:

追加のセットアップ手順を実行せずにコンピューターに Kali Linux をインストールする場合は、ISO ファイルをダウンロードして書き込む代わりに、インストール メディア ディスク イメージを使用できます。インストール メディア ディスク イメージを作成するには、まず kalilinuxorg から最新のインストーラーをダウンロードします。ダウンロードが完了したら、kalilinux-installer- を解凍します。_amd6

次の画面で、[同意する] ボタンをクリックしてライセンス契約に同意します。

次の画面で、セットアップ中に root ユーザーの名前を入力し、[次へ] ボタンをクリックします。

次の画面には、選択したデバイスで使用可能なパーティションのリストが表示されます。 [新しいパーティション] ボタンをクリックします。

ここで、新しいパーティションのサイズ値 ( MB ) を入力して Enter キーを押します: サイズは、デバイス上の既存のパーティションのサイズと等しいか、それ以上である必要があります 指定されたサイズ値がデバイス上の既存のパーティションのサイズよりも小さい場合、新しいパーティションは既存のパーティションのフルサイズになります 新しいパーティションの名前を入力し、もう一度 Enter キーを押します: 名前は上記の root ユーザーの作成時に指定したものと同じである必要があります最後に、このガイドの前半で kali Linux Web サイトでの登録中に提供された root パスワードを入力して、もう一度入力します。root パスワードは、スペースを含まない英数字のみにする必要があります。必要な情報をすべて入力したら、[完了] ボタンをクリックします。

  1. .次に、光ディスクをバーナーに挿入し、書き込み元のファイル (通常は c:kaliiso) を開くことを選択します。次の画面 (下図) で、購入する出力形式を選択します (終了したらディスクを取り出します)。
  2. zip を圧縮して、その内容がハードドライブの 1 つのフォルダーのみを占有するようにします。次に、kalilinux-installer- をダブルクリックします。_amd6exe を実行してインストーラーを起動します。インストーラーは、Kali linux をインストールするための新しいパーティションを作成するかどうかを尋ねます。そうでない場合は、プロンプトが表示されたら Enter キーを押します。次の画面で、言語とキーボードの設定を選択し、次のボタンをクリックします。

Kali Linux をインストールするための最小システム要件は何ですか?

Kali Linux を使用する利点は何ですか?Kali Linux で利用できる機能にはどのようなものがありますか?Kali Linux でのエクスペリエンスをどのようにカスタマイズできますか?インターネット接続を備えていないコンピューターで Kali Linux を使用できますか?KaliLinux をインストールするための起動可能な USB ドライブを作成するにはどうすればよいですか?KaliLinux を安全に正常にインストールするためのヒントは何ですか?

お使いのコンピューターまたはデバイスの種類に応じて、kali linux をダウンロードしてインストールするための多くのインストール オプションがあります。

最小システム要件はバージョンによって異なりますが、通常、1 GHz のプロセッサ、512 MB の RAM、10 GB の空きディスク容量、および Microsoft Windows XP (32 ビット) 以降のサポートが含まれます。

kali Linux を使用する利点には、使いやすさと柔軟性が含まれます。研究プラットフォームとして設計されており、侵入テスト、デジタル フォレンジック、マルウェア分析、ネットワーク探索などのツールが含まれています。kali linux で利用できる機能には次のようなものがあります。ライブ CD/DVD 作成機能。フォーラムなどのオンライン リソースへの簡単なアクセス。セキュリティツールを含むプリインストールされたソフトウェアの広範なコレクション。 KVM (カーネルベースの仮想マシン)、QEMU (Quick Emulator)、VMware Player、VirtualBox などの複数の仮想化オプション。 1 台のコンピューターで複数のオペレーティング システムを同時に実行する機能。インストールするアプリケーションを選択したり、ニーズに合わせて設定を構成したり、独自のカスタマイズを作成したりして、kali linux のエクスペリエンスをカスタマイズする方法も多数あります。最後に、kali linux はインターネット接続なしで使用できますが、その場合、特定の機能が正しく動作しない可能性があることに注意することが重要です。たとえば、ファイルのダウンロード時や特定のアプリケーションの実行時に制限がある場合があります。

Raspberry Pi に Kali Linux をインストールすることは可能ですか?

Kali Linux は、侵入テストとデジタル フォレンジック用に設計された Debian ベースのディストリビューションです。32 ビット バージョンと 64 ビット バージョンの両方で利用でき、デスクトップ コンピューター、ラップトップ、モバイル デバイス、ルーター、NAS デバイスなど、さまざまなプラットフォームにインストールできます。

このディストリビューションは、USB ドライブのインストール、DVD のインストール、ネットワークのインストールなど、さまざまなインストール オプションを使用してインストールできます。推奨される方法は、Kali Linux をインストールするプラットフォームによって異なります。

デスクトップ インストールは通常、USB ドライブまたは DVD を使用して実行されます。

ラップトップのインストールは、通常、光ディスク ドライブを使用して実行されます。

モバイル デバイスのインストールは通常、SD カードまたは USB ポートを使用して実行されます。

ルーターのインストールは通常、イーサネット接続を使用して実行されます。

Kali Linux はトレント ファイルとしてダウンロードし、トレント ファイルからシステムに直接インストールすることもできます。このオプションは、インストール プロセス中に発生する可能性のある問題のトラブルシューティングがより困難になるため、新規ユーザーにはお勧めできません。

Kali Linux のインストールに関する一般的な問題は何ですか?

Kali Linux には多くのインストール オプションがあり、ユーザーごとに好みが異なる場合があります。Kali Linux のインストールに関する一般的な問題には、次のようなものがあります。

- 特定のコンピューターまたはメディアでインストーラーが見つからない

- インストール中の問題 (依存関係の欠落など)

- インストール後のシステムの起動が困難

- 起動後にエラーが発生する

Kali Linux は、侵入テストやその他のセキュリティ タスクに使用できる非常に強力なオペレーティング システムです。デスクトップ版やサーバー版など、複数のエディションが用意されています。デスクトップ エディションはパーソナル コンピューターでの使用を想定して設計されており、サーバー エディションはサーバーでの使用を想定して設計されています。ラップトップやタブレットなどのポータブル デバイスでの使用を目的とした Mini バージョンなど、Kali Linux にはいくつかのバリエーションもあります。全体として、Kali Linux は、さまざまなセキュリティ タスクの実行に使用できる非常に用途の広いプラットフォームを提供します。

Kali Linux のインストールに問題がある場合、どこでヘルプを見つけることができますか?

Kali Linux は、セキュリティと侵入テストに重点を置いた Debian ベースのディストリビューションです。デスクトップ コンピューター、ラップトップ、さらには Raspberry Pi デバイスなど、さまざまなシステムにインストールできます。Kali は、Kali の Web サイトから、または多くの一般的なディストリビューションの公式リポジトリからダウンロードできます。

Kali のインストール オプションは、使用しているシステムによって異なります。次のセクションでは、さまざまなタイプのシステムに Kali をインストールするための一般的な情報を提供します。

デスクトップ システム

デスクトップ コンピューターを使用している場合、Kali をインストールする最も簡単な方法は、提供されている ISO イメージを使用するか、ディスクに書き込むことです。ISO イメージをダウンロードして目的の場所に焼き付けたら、そのディスクからコンピューターを起動し、インストール中に Kali が提供する指示に従います。

ラップトップ システム

ラップトップ システムを使用している場合は、最初にラップトップに適切な DVD ドライブがインストールされていることを確認してください。次に、Kali ISO イメージをダウンロードしてディスクに書き込みます (手順については上記を参照してください)。 ISO イメージをディスクに書き込んだ後、そのディスクからラップトップを起動し、インストール中に Kali が提供する指示に従います。

Kali はライブ USB インストールもサポートしているため、ハード ドライブにインストールしなくてもすべての機能を実行できます。これを行うには、まずラップトップのハード ドライブに少なくとも 4GB の空き容量があることを確認してください (8GB を推奨)。次に、https://www.mediafire...liveusb-creator/ から Live USB Creator ツールをダウンロードしてインストールします。Live USB Creator がインストールされたら、それを開いて [新しいボリューム] をクリックし、Kali Linux のインストールに十分なスペースが割り当てられたライブ USB ディスクを作成します。

ライブ USB ディスクを作成したら、ラップトップの光学ドライブに挿入し、Windows/Linux モードで再起動します。

Linux モードになったら、Kali Linux を含むライブ USB ディスクを接続します。

最後に、インストールを開始するためにスタートアップ メニューに kalilinux を入力します。

注: KALI LINUX のインストール中または試用中に問題が発生した場合は、詳細なトラブルシューティング ガイドを参照してください。さらに、ここで回答されていない質問がある場合は、お気軽にフォーラムで質問してください。